1783回目 「システム開発の失敗で気付いた!」足りない技術は足せば良い

IT業界に倫理を伝える男
ラブサバイバー斎藤です。

傾聴することの大切さを改めて感じます。

エンジニアの世界では、システムを作るのに集中し過ぎて、自分の正しさのまま進んで行ってしまうことがあります。

例えば、良かれと思って作ったエラー処理が、実は大きな影響を及ぼして作り直しになってしまったり。

相手の立場になって考えるというのは、言うほどたやすくないものです。

●だからこそ、足りない技術を学び、実践していくことが大事です。

傾聴力が足りなければ、傾聴の訓練をすれば良い。

やる気が出なければ、やる気を出すトレーニングをすれば良い。

完璧な人間はいない。

人それぞれ、良いところも悪いところもある。

それが良い。

自分に足りない部分があったら、それを補う努力と工夫をして、常に成長していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です