1733回目 「富士の樹海から生還して分かった!」死ぬ前に、死ぬ気で生きてIT業界を明るく元気にする

IT業界から鬱を無くす男
ラブサバイバー斎藤です。

後継者倫理塾まで@3日

失敗というのは一時的に落ち込む要素になりますが、尊い月謝です。

●大きな失敗であればあるほど、後々大きな糧となります。

私も学生時代は、何度も死のうとしました。

時には富士の樹海に行き、睡眠薬を大量服用しましたが、運良く生き残りました。

当時は、迎えにきてくれた親に「なんで来るんだよ」などと思っていました。
けれども、自分が親になって分かります。

●親は、いつでも子どもの幸せを願っている。

今、5歳と2歳の子を育てながら、そう感じます。

これまで命を粗末にしてきたからこそ、かけがえのないものだと分かるんです。

自分の生きる意味は、
世の中からうつを無くし、自ら命を絶つことなく、
一人一人が明るく、元気に、楽しく暮らせる世界をつくることです。

そのために、
妻や子ども、地域で暮らす人々へ貢献をすることが大事だと感じます。

IT業界からうつを無くす男。

自分の器を広げ、より多くの方に元気を与えていきます!

1733回目 「富士の樹海から生還して分かった!」死ぬ前に、死ぬ気で生きてIT業界を明るく元気にする」への2件のフィードバック

  1. 橋立和明 返信

    和明さん‼️ラポール
    私は、3回死ぬ経験をしました‼️そうか
    俺には、まだ、世の中に貢献すべき仕事があるんだ、と、気ずいた。なるほど‼️

  2. ラブサバイバー斎藤 返信

    橋立さん、ありがとうございます!
    まだまだ貢献できることがありますね。

    ともに志高く、活動していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です