1694回目 「帰宅してトミカの話を聞いてわかった!」小さな幸せが仕事の活力になる

IT業界から鬱を無くす男
ラブサバイバー斎藤です。

最近、色んな方を紹介してもらえるようになり、ブログに書きたいことが追いつきません。

本当にありがたいです。

昨日、夜10時過ぎに帰ったところ、珍しく子どもが起きていました。

せっかくなので、一緒にお風呂に入ったり話を聞く良いチャンス。

すると、次から次へと5歳のいっくんから話が飛び出します。

今日どこにいったのか、何を買ったのか。
その時、どんなことを思ったのか。

●子どもは、親に色んなことを話したいんですね。

嬉しかったのは、先週日曜日に行ったトミカ博のことを話してくれたことです。

私が少し夏バテ気味で、休み休みしながら行ったトミカ博。

●たったの2、3時間のことであっても、鮮明に覚えているんです。

「あのね、デカパトロールカーがね、すごいんだよ。大っきいんだよ」

「ハイパーレスキューはね、あのね、変形するの」

そうやって、親と一緒に過ごした時間を覚えていてくれるのが、何よりも嬉しい。

嬉し涙を流しながら、「いっくん本当にありがとう」と背中をさすったら、子どもも笑顔になりました。

家族がいるから頑張れるものですね。

●仕事も、家庭も大切にし、ともに幸せに暮らしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です