1682回目 「義父のお通夜で分かった!」妻をお預かりしていること

IT業界から鬱を無くす男
ラブサバイバー斎藤です。

昨晩が義父のお通夜、今朝が告別式です。

義父の死は、私に色々なことを教えてくれました。

●まず、妻との関わり方です。

毎日顔を合わせていると、時に感情的になル時もあります。

お通夜の前も、モーニングセミナーとJPSA BBQと、一日中子どもを連れて行ったため、気持ちに余裕がなくなっていました。

そうなると、些細なことでカッとなったりするんですよね。

妻の要望でもあり、式場もバラバラで行くことに。

●一人で義父のことを考えていると、ふと妻と初めて出会ったことを思い出しました。

そういえば、結婚式の日に盛大にお祝いをしてもらったなと。

初めての出会いを忘れてしまうから、夫婦で喧嘩をしたり、お互いの正しさを主張してしまうのでしょう。

義父や義母から、大切な一人娘をお預かりしていることを心に刻みました。

●もとを忘れず、すえを乱さず。

初心を忘れずに、最後の時が来るまで妻とともに生きていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です