1669回目 「義父の見舞いに5歳のいつきを連れて分かった!」この出会えた一瞬に感謝することが、幸せに繋がる

SEから鬱を無くし、笑顔にする男
ラブサバイバー斎藤です。

●人はいつ出会い、いつ別れるかは分かりません。

だからこそ、一日、一瞬に感謝をしたいものです。

義父のお見舞いに行きました。

義母から面会を断られたときもありましたが、今回5歳の息子と一緒に行くことができました。

今、義父は食事も水も喉を通らないそうです。

点滴もやめ、自分の力だけで生きています。

話しかけた後、うまく聞き取れないこともありましたが、小さな小さな声でありがとうと言われました。

帰り際に、息子のいつきを抱っこしながら見せ、一緒に挨拶をしました。

「じーじ、バイバイ」

子どもの声に反応し、義父は手を振ってくれました。

●父は分かっているのです。

義理の子どもの私と、孫のいつきのことを。

人はいつ出会い、いつ別れになるかは分かりません。

だからこそ、今日会えたことに感謝。

今までの全ての出会いに感謝します。

今日も一日、喜んで進んで働きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です