1637回目 「元IBM部長から教えてもらった!」自分が当たり前と思っていることが強みになる

SEから鬱を無くし、笑顔にする男
ラブサバイバー斎藤です。

●自分の強みというのは、自分だけでは分かりません。

他人が見てこそ輝くものです。

元IBMで100社以上の大企業・中小企業をコンサルされてきた、小山太一先生とサシ飲みしました。

秀和システムさんから出版すること、
IT業界でずっと携わってきたことなど、
共通点があり、仲良くなりました。

●数々の会社を見てきた小山先生の話は、大手自動車メーカーや、経営を立て直した中小企業など、事例に基づいていて面白い。

特に、千葉の小さなスポーツクラブの事例が印象的です。

2014年ごろのスポーツクラブにも関わらず、和式トイレ。

もちろん、和式トイレなりの良さはあるでしょうが、あまり若者には馴染みがなく抵抗を感じるでしょう。

2019年になり、そのスポーツクラブは1億円以上の設備投資をされています。

それだけの売上を上げられるよう、抜本的な見直しをしたからです。

小山先生いわく、
●中小企業にも自分たちが気づかない「強み」と「弱み」があるといいます。

それは会社というくくりだけでなく、一人一人にもあります。

私が小山先生に言われたのは、

「斎藤さんは話を引き出すのがうまい」
「分かりやすいプレゼンを、士業に教えて欲しい」

といったことです。

当たり前のように、普通にやってきたと思っていることこそ、他の人からみたら凄いことに変わります。

私自身も、小山先生と二時間話しているだけで、自分の人脈や強みの棚卸しができました。

●自分の強みは、他人が見てこそ輝くもの。

世代を超えた友人でもある、小山先生との出会いに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です