1630回目 「出版決定してわかった!」他の人々の望みを叶えるのがビジネス書

ITで人を楽しませる男、
ラブサバイバー斎藤です。

●世の中にあるビジネス書は、それぞれ人から求められて出版されています。

不要な本は、一つもなく、出版には多くの人々が携わっています。

秀和システムの編集局長と打ち合わせをしました。

ページ数や価格、脱稿に配本時期など企画書に追加されています。

編集局長のNさんからの、一言が印象的です。

「出版が決まったら、もう著者ですよ」

本当に出版決定したのだと、実感が湧いてきました。

●しかし、同時にここからがスタートとも言われました。

自分自身が努力しながら、本は形になりません。

こびとさんがやってくれるわけでもない。

Nさんとは価値観が合うようです。

出版というのは、著者の独りよがりな気持ちでは実現しません。

●編集者の方や、著者仲間、応援してくれる方がいるから、成り立つのです。

自分の心を磨き、自分と他の人々の望みを叶える本をつくっていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です