1626回目 「倫理法人会の立ち上げをして感じた!」成果を求めるよりもプロセスを改善する

バルブ作業員をSEに変える男、
ラブサバイバー斎藤です。

倫理法人会の新単会設立期限まで「あと24日」

どの組織においても、必ず目標があり、それを達成しようとするものです。
社長や理事長、会長など、リーダーが主導になって「目標を達成するぞ!」と気合いを入れる場合、注意点が必要です。
それは結果だけを求めて、過程・プロセスに焦点を合わせないことです。

営業出身の社長は、ノルマを達成していない社員に対して、何故達成できないのかを問う場合もあるでしょう。

「何やってるんだ!給料分は働け!」

そのように罵声を浴びせる社長もいました。

しかし、ノルマばかりを追いかけていても、なかなか人は動きません。
●なぜなら、人は変えられないからです。

人を変えられないだけではなく、結果も変えられません。
例えば、保険営業で10件アポを入れたとしても、3件成約になる場合もあれば、0件の時もあります。
自分以外の要素があるため、結果をコントロールできないのです。

悪い上司の例は、自分が営業するわけでもなく、ただ部下の成績を罵倒する人です。
罵声や罰を与えて一時的に成績が良くなったとしても、それは長くは続かないでしょう。

良い上司は、自分がまずお手本を見せる人です。
ロールプレイやトレーニングをする時間を取り、部下の成長を待ちます。
そして、
●結果が思うように出なかったとしても、信じて信じぬくのです。

10件のアポで成約が出なければ20件。
20件ででなければ30件と、プロセスに焦点を当てます。

放っておいても勝手に育つような人は稀です。
部下のモチベーションを上げ、正しい筋道を示すのが「できる上司」でしょう。

今、私も倫理法人会の新しい支部を立ち上げるため、中核メンバーとして動いています。
それぞれ、協力してくれる方もいれば、我関せずという方もいます。

上下関係のない団体だからこそ、まず自分がお手本を見せて、誰でもできるようなノウハウ・仕組みを作っていきます。

人は変えられない。
自分は変えられる。

組織での課題について、プロセスに焦点を当てて目標達成を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です