1622回目 「モーニングセミナーを誘って気付いた!」勘違いされても平気なくらい普段から信頼関係を築く

日本一明るいフリーエンジニア
ラブサバイバー斎藤です。

●自分が当たり前のように話していることでも、実は当たり前ではないこともあります。

怪しい話と思われても、普段から信頼信用を積み重ねておくことが大事です。

いつものごとく、モーニングセミナーのお誘いをしていたら、出版仲間のCさんにこう聞かれました。

「倫理法人会って何ですか?」

「宗教団体ですか?」

ハッと気付いたのが、「世間の認知度」と、「ネーミング」についてです。

全国で約6万7000社を超える会員数を誇る、倫理法人会。

経営者団体の中では、青年会議所やロータリークラブのように知られているものと思ってました。

●相手が知らないということを、前提に話した方が良いですね。

また、ネーミングも怪しいと思われますが、それはしょうがないこと。

●勘違いされているからこそ、誠意を持って接することが大事です。

自分が自信を持って薦められるものは、堂々と言えば良い。

相手が知らなかったり、怪しいと思われた時、自分の信頼度が試されます。

普段から信用貯金を蓄え、人間力を磨いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です