1605回目 「病気の義父の手を握ってわかった!」両親に恥じない生き方をすること

日本初のお笑いIT講師 斎藤和明です。

●夫婦関係を良くするには、お互いの両親との付き合いが大事です。

妻の、父のお見舞いに行きました。

義父と会うのは数年ぶり。

今までは、義母から病気だから来なくていいと言われてました。

今回、老人保健センターに入院することとなり、行かせて頂けることになりました。

●物事は、いつも必要なタイミングで訪れます。

元気な時のイメージがあったので、会ったときは驚きました。

レビー小体認知症という、特殊な認知症でした。

体重も60kgから49kgまで減り、手足が自由に動かせないのです。

目も、まぶたがはっきり開けられず、うまく話すのも難しい。

そんな中、こう話してくれました。

「和明さんに恥ずかしいところは見せたくなかった」

「来てくれてありがとう」

涙が出ました。

もっと早くくれば良かったという気持ちと、来て良かったという気持ちが、溢れました。

●人間、年を重ね、いつかは終わりを迎える時が来ます。

その時までに、どんな生き方をするべきなのか。

悔い無き人生を、良くやったといえるような生き方をして、義父に認めてもらえる人になっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です