1597回目 「倫理経営講演会を聞いて分かった」ペッパーくんがいても心をこめた挨拶が大事

自分を高く売る男 斎藤和明です。

昨日は、年に一回の倫理経営講演会。

無事に終わることができました(^^)

3日間研修同期のさちこさん、セラピストの友人や、マンション植栽会社の友人など多くの方に来て頂きました

この大転換の時代、令和。

Aiや自動化が進む中で、本当に大事なことになかなか気付かないものです。

●機械にはない、人としての心配りをどう伝えていくかが重要です。

セルフレジやタッチパネルなど、人がいなくても商品販売やサービス提供できる時代。

回転寿司でも受付はペッパーくん。

人材不足を補うには、ロボットや自動化は便利なものです。

ただ、お出迎えや会計後の挨拶が、カタコトのロボットだったとしたら、そのお店に【感動】はあるか疑問です。

●お客様に心のこもった挨拶、お辞儀や礼を尽くし、サービス以上のサービスを提供するのが大事なのではないでしょうか。

便利な機械、ツールをつくった根本は、世の中をもっと良くしたいという想いです。

より良い未来は、人の心がつくります。

もとを忘れず、人のために商品サービスを提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です