1592回目 「 他人の商品を紹介し続けて分かった」相手の望みを叶えるのが営業

自分を高く売る男 斎藤和明です。

商談では、紹介ができるくらいの器量が必要です。

最近、新人研修の合間に新規商談が入ることが増えました。

IT会社はもちろん、ダイエットサポートやイベント企画をしている方など、ありとあらゆる会社の人と話します。

●その中で意識するのが、相手が何を求めているか、です。

ビジネスを発展させる上で、見込み客開拓は非常に重要。

最初は新規顧客開拓が重要と捉えがちですが、既存顧客のフォローから、新規顧客を紹介して頂くのが一番早いです。

では、既存顧客がいないときは、どうすれば良いでしょうか。

●そんな時は、見込み客開拓をしながら、信頼できる見込み客を紹介するのです。

自分のサービスを販売したことがなくても、【自分が使ったサービス】は必ずあります。

例えば、行きつけの飲食店やスポーツジムなどです。

私の場合は、出版スクールや、不動産投資、時には保険も代理で紹介していました。

自分が紹介する力を付け紹介をし続けていく中、次第に向こうから人が集まるようになり、新規営業の手間がほとんどなくなりました。

もちろん紹介で失敗したことも多々ありますが、それでも諦めずにやると、

付き合うべき人、付き合わない人が分かってきます。

●相手の望みを叶えることが営業。

根本を忘れず、今日も実践していきます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です