1577回目 「NTTデータグループ所属のIT会社顧問から学んだ」すべっても自分を貫くこと

自分を高く売る男 斎藤和明です。
皆さんは、自分の強みとなる経歴をお持ちでしょうか。
私も、お笑いをやっていたという経歴はありつつも、時として諸刃の剣になるときもあります。
言い過ぎると自分のハードルが上がりすぎることになり、かえってマイナスイメージになる可能性もあります。
ただ、私の人生の先輩かつ友人のKさんは、諸刃も何も気にせず、
【スーパーポジティブクソ野郎】
でした。
あえて、汚い表現を使いますが、Kさんは遠慮をしていたらもったいない方なんです。
NTTデータグループで、IT事業に携わり数十年。
横浜の経営者が集まるビジネスミーティングでも、重役を何回も経験。
倫理法人会でも、神奈川県の会長ら役員から注目を浴びている方なんです。

●その行動力だけでなく、メンタルの強さはお笑い芸人を凌ぎます。
イベントでも、飲み会でも、Kさんはガンガン発言します。
時にはポロっと失礼な発言をしたり、それはボケなんじゃないかな?と思うようなことを真顔で言ったりします。
そんな彼は、私にとっては眩しく、同時に凄いと感じる身近な存在です。
スベろうが何だろうが関係ない。
●自分を、自分らしく表現することが大事なんです。
そして、相手から何を言われようがブレないこと。
それが、仕事や仕事以外の趣味・教養を続けること何でしょうね。
遠慮せず腹を割って話せる先輩、そして友に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です